バーニングカット体験レビュー!彼女ができた実話に衝撃

バーニングカット体験レビュー

僕の名前は須藤しょうた(25)

 

とある運送会社に勤務するドライバーです。3トンの箱車に乗ってます。

 

 

突然ですが、バーニングカットを始めて彼女が出来ました。嘘だろって思われるかもしれないですが、ガチです。今でも夢見たいですがマジですw

 

彼女ができるまでの3ヶ月を全部暴露したいと思います。

 

バーニングカットで彼女ができるまで!受付の女子が可愛すぎて

バーニングカット体験レビュー彼女

僕が通っている倉庫の受付に、けっこう可愛い女の子がいました。もちろん彼女からは「取引先のドライバー」だけの認識。

 

特に会話があるわけでもなく、「こんにちはー」「伝票お願いしますー」「ありがとうございましたー」くらいなもの。

 

 

彼女が僕を意識しているわけもなく、普段通りの感じでした。

 

ところが、こんな日常に変化が表れたのはバーニングカットを着始めて2ヶ月がたったころでした。

 

 

彼女「須藤さんて、最近なんか良くない?ガッチリしてきたっていうか・・・」

 

 

倉庫側の入口から入ってたので、受付の彼女は僕の存在に気づいていなかったようでした。僕としては彼女の本音を聞いてドキっとしたのを覚えてます。

 

内心“え、僕のこと意識してくれてる?!”と驚いたのを今でも覚えています。

 

 

バーニングカットを着はじめてから確かに余分な肉が落ちてきて、体がシャキっとしてきた感じです。もちろん1週間やそこらで身体が締まってきたわけじゃないですが、2ヶ月もたつとさすがに変化があったみたいです。

 

バーニングカットを着ているだけの僕はさほど実感がなかったですが、受付の彼女は毎日僕の事を見ているので変化に気づいていたようでした。

 

 

そしてバーニングカットをスタートして3ヶ月くらい経ったころ、僕はさらなるステップアップのために今の会社を退職することにしたんです。

 

3年ほど通った例の倉庫でも担当の方々に「お世話になりました〜」と挨拶をしていました。すると、たまたま納品書を持ってきた彼女が話を聞いていたようで

 

「え!?須藤さん、もう来ないんですか?」

 

驚いた様子で彼女が聞いてきたので、“はい。今日で最後の集荷なので、明日はもう来ないですね・・・”僕は答えました。

 

 

すると本当に驚いた様子で「あ・・・そうなんですか。」

 

 

ちょっとだけ寂しそうに事務所へ戻っていきました。僕の方も、彼女にアプローチできなかったことに後悔しながらトラックに乗り込みました。

 

“あ〜あ、この倉庫に来るのも今日が最後かー”と、港町横浜の山下ふ頭、4階建ての大きな港湾の倉庫を眺めながら思っていました。

 

 

さて、帰るか。と、エンジンをかけた所で

 

「コンコン」

 

運転席をたたく音が聞こえました。

 

外をみると受付の彼女が慌てた様子で立っていたんです。

 

「あの・・・コレ」

 

 

それだけ言うと、メモ紙を渡して走って行った彼女。僕はしばらく茫然としてましたが、“なんだこれ?”と思って開いてみると、、、ラインIDが!

 

名前と電話番号まで書いてありました。

 

 

驚いた僕はひとまず冷静に・冷静に・冷静に・・・と繰り返しながら会社に戻りました。

 

会社でもお世話になったみなさんに挨拶をして帰宅。大変失礼ながら、頭の中は彼女のことでいっぱいでした。

 

 

落ち着け〜、落ち着け〜と思いながら、家で彼女に連絡してみることに。

 

もう21時も回っていて、彼女からのラインはすぐに既読。1分ほどで返ってきました。

 

 

バーニングカット体験レビュー彼女

「突然メモ書きなんか渡してしまいすみませんでした。須藤さんが退社されるときいて、無意識に焦っている自分に気が付いたんです。お友達としてでいいので、お食事だけでもいかがでしょうか?」

 

 

僕はもうテンション↑↑です。普段からいいな〜と思っていた彼女が、もしかしたら僕のことを意識してくれてる。もう浮つき放題ですよ。

 

それから予定を合わせて山下公園の前のレストラン?みたいなところで待ち合わせ。

 

プライベートで会ってみると笑顔が可愛くて元気っ子で、どストライクでした。意気投合したところでお付き合いすることに!

 

あとから聞いた話では、

 

「須藤がだんだんイイ体になってきて、男らしさが出てきたのが意識し始めるキッカケだったんです。」とのこと。

 

 

バーニングカットを着始めて少しずつ変わって着たのを彼女は気づいていたんです。決してイケメンではない僕でも、男らしさを出すことで可愛い彼女をゲットする事ができました。

 

今となってはバーニングカット様様です。

 

今でももちろん続けていますし、彼女も健在です♪

 

どうしようか悩んでいるなら、絶対試してみるべき!って思います^^

 

バーニングカット公式サイトボタンs