バーニングカットを飲んで下痢になる?!真相を究明

バーニングカットを飲んで下痢気味になったというウワサが一部であるようです。 安心材料でできているバーニングカットですが、そんな事実があるならちょっと気がかりですよね。バーニングカットが原因で下痢になることはあるのでしょうか。事実関係を調べてみました。

 

バーニングカットと下痢症状の原因は?

結論からお話ししてしまうと、バーニングカットの中に含まれるクレアチンの過剰摂取が原因で下痢を起こすことがあります。

 

適切な量を摂っている限りにおいて、そのような心配はありませんが、クレアチンが過剰摂取状態になると、消化吸収しきれなかったクレアチンが腸内に残り、そのまま排泄へと向かってしまうため下痢症状となるのです。

 

適切な量であれば、バーニングカットに含まれる栄養素は全てスピーディに体内に吸収されますが、当然のことながら身体の側にも吸収するスピードや量に限界があり、過剰摂取された栄養素は無駄になってしまうのです。

 

前出の項目でもご説明しましたが、メーカーが推奨する1日の目安量を守ることは、体調を良好に保つために重要なことなのです。

 

バーニングカットと下痢|まとめ

クレアチンの過剰摂取で下痢を起こす人とそうでない人は体質によって様々ですが、下痢しにくい体質だからといって過剰摂取するのは考えものです。適量を守って快適にトレーニングに励みましょうね

 

>バーニングカットの悪評も見ておく